日本塑性加工学会・学会大賞受賞(2014年度)

  • カテゴリー:未分類
  • 2014年07月29日
    弊社は、2014年度、日本塑性加工学会・学会大賞を、株式会社デンソー様・旭サナック株式会社様と共同で、受賞いたしました。

    受賞内容 大きさ1/N加工機群による同期一貫生産システムの開発

    日本塑性加工学会・学会大賞・賞状と目録

    「1/N同期一貫ラインへのワンショットフォーミングプレスの導入」
    株式会社デンソー様・旭サナック株式会社様と共同で開発をした機械は、株式会社デンソー様の1/N同期一貫ラインに導入されています。
    「少量部品の1/N同期一貫ライン」
    異形状ブレーキ部品を対象に、ワークを1つのダイから外さず複軸ストロークで1つの部品を完成させる1ダイマルチパンチ工法を開発し、経済単位1/10、面積1/5、加圧能力1/5に縮小し、高精度切削レベルの精度を達成。これにより後工程の切削、熱処理と同期一貫生産を実現し、コスト▲50%を達成しております。
    「N分の1ライン」の「N」は整数を表し、ライン長や製造工程で使われる設備のサイズを最低でも半分以下にしていく意味があります。